Centos7 で glassfish のインストール

この間インストールした CentOS 7.0 で glassfish をインストールするまでを、備忘録として残しておきますです。

  1. 事前準備
    1. Javaのインストール
      yum install java-1.7.0-openjdk-devel.x86_64
      
    2. glassfishユーザー作成
      adduser glassfish
      
  2. glassfishのダウンロード
    1. https://glassfish.java.net/ 「Download」をクリック
    2. https://glassfish.java.net/download.html 悲しいかな3系を使いたい方は、、「Earlier Releases」をクリック ※ここでは都合上3.1系をインストールします。ただし、最新版でも手順はあんまり変わらないはずです。バージョン部分は適宜読み替えてください。
    3. https://glassfish.java.net/download-archive.html 「glassfish-3.1.2.2-ml.zip」をダウンロード
  3. 解凍&配置
    unzip glassfish-3.1.2.2-ml.zip
    sudo mv glassfish3 /opt/.
    sudo chwon -R glassfish:glassfish /opt/glassfish3
    
  4. 動作確認
    sudo su - glassfish
    cd /opt/glassfish3/bin
    ./asadmin start-domain
    ./asadmin stop-domain
    
    ※正常に起動確認後、gflassfish系その他のおきまり設定を行う (asadmin change-admin-password等)
  5. 設定
    1. サービスの定義(systemd のための定義ファイル)を作成
      sudo vi /etc/firewalld/services/glassfish.xml
      
      [Unit]
      Description=GlassFish Server
      After=network.target remote-fs.target
      
      
      [Service]
      Type=forking
      PIDFile=/opt/glassfish3/glassfish/domains/domain1/config/pid
      ExecStart=/opt/glassfish3/bin/asadmin start-domain
      ExecReload=/opt/glassfish3/bin/asadmin restart-domain
      ExecStop=/opt/glassfish3/bin/asadmin stop-domain
      TimeoutStartSec=300
      TimeoutStopSec=30
      User=glassfish
      
      [Install]
      WantedBy=multi-user.target
      
    2. サービスの登録
      systemctl enable glassfish.service
      
    3. ファイヤーウォールの定義(firewalldのための定義ファイル)を作成
      sudo vi /etc/firewalld/services/glassfish.xml
      
      <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
      <service>
      <short>glassfish</short>
      <description>GlassFish Server</description>
      <port protocol="tcp" port="4848"/>
      <port protocol="tcp" port="8080"/>
      <port protocol="tcp" port="8181"/>
      </service>
      
      firewall-cmd --add-service=glassfish --permanent
      firewall-cmd --reload
      
  6. 起動
    systemctl start glassfish.service
    

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。